グローバルダイニングが東京都を提訴。時短命令は違法として損害賠償を求む

国内ニュース(日本)

グローバルダイニングは首都圏を中心にレストラン等を経営していますが、東京都からの時短営業の命令により営業時間を短縮していました。

はじめは時短要請に応じていなかったものの、東京都からの命令により時短営業の実施に至ったようです。

時短命令に問題提起 提訴 グローバルダイニング(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース
時短営業の「命令」を受けた大手飲食チェーンが、命令は違法として、東京都を相手取り、提訴した。 首都圏を中心にレストランなどを経営する「グローバルダイニング」は、時短営業の命令は違法と主張、東京都に

1店舗1日あたり1円の損害賠償を求め、合計104円の損賠賠償を東京地裁に訴えたとのこと。行政の過剰な権利制約が続き、訴訟することにより問題を表面化したようです。

ニュースを見た読者としての個人的見解

訴訟しても計104円の損害賠償。リターンの無さに加えて法廷にて闘うリスクも踏まえると、勇気ある行動だなと感じました。

勝訴となれば影響する店舗が多い

本件が勝訴すれば、他のレストラン等に対しても東京都の時短命令が異常であったことを認めざるを得ない形となります。

東京都だけでなく、全国で時短に追い込まれた多くの店舗が時短命令は異常だったと気づくことになります。そうすれば多くの飲食店をはじめとする時短に至ったお店に対し、損害賠償をしなければいけないのではないかと思います。

今後の時短営業を防ぐことが目的か

提訴が認められ、勝訴となるかというよりは、ニュースにすることで現在の時短営業の命令が異常であり、今後時短営業をさせにくくするということにフォーカスがあるのではないかと考えられます。

それほどまでに店舗の経営にとって時短営業は苦しい状況であると認識できるのではないでしょうか。多くの店舗経営者に対する想いの共有や賛同の呼びかけにもなったのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました